これはもうリハビリじゃないか

Posted on 2012.11.21

Category: COLUMN_Mani



前回まで6回に渡って繰り広げました”なんちゃってディレクターのレシピ”シリーズ完結に伴い、続きものが終わってしまうと、何というか突然 無の空間に放り投げられたような感覚になってしまいましたが、こんなときのためのお便り頼みです。そもそも前述のシリーズもお便りから始まったものだったことすらちょっと忘れてしまっていました。

北海道のうにさんより「友達がお昼ご飯に持ってきた炊き込みご飯が、味付けを目分量にしてしまったそうで見た目からとても味濃くなっていました。マニさんの料理の失敗談などありましたら教えてください!」というメールを頂きました。ありがとうございます。

でも味の濃い炊き込みご飯って疲労回復に良さそうですね。とも思いました。わたしもしばしば自炊しますが、基本的に地味な失敗続きです。

特筆するとしたら、3年くらい前に仕事関係の方からミキサーを頂き、別の方から大きなオクラを沢山頂いたので、これをミキサーですりおろしまくった上、それをメレンゲ代わりとして鶏卵と混ぜて焼いたら、何だかフワフワのオムレツができそうだ、と創作心を丸出しにしたものの、これが全くの妄動でして、完成品は薄緑色の不気味なかたまりでした。

パーフェクトに青臭く、(メレンゲではないので当たり前ですが)決してフワフワでもなく、おまけにオクラの表面及びヘタの部分のトゲが大量に混入され、飲み込む度に喉が痛むという強烈な代物でした。今のところ失敗ランキングはこれがトップだと思います。完食後、うがいをしました。

それから東京都の匿名希望さんから「好きな詩人を教えて下さい」という大変シンプルなご質問も頂きました。ありがとうございます。

わたしはあんまり読書をしないので、それほど沢山の詩人の中から選ぶことができないのですが、15世紀フランスの詩人、”フランソワ・ヴィヨン”を紹介したいです。パリ大学卒業のインテリでありながら、売春婦やならず者と交流するようになり、24歳で司祭を殺した挙げ句、窃盗団に加わったところで逮捕・投獄。その後、恩赦によって出獄するも、30歳過ぎでまた強盗傷害事件を起こしてパリを追放され、その後は行方知れずとなったとされる、かなりどうしようもないアウトローなのですが、彼の詩に見られる、1つのテーマに対して大変多角的なモチーフを並べて浮き彫りにする心地よいリズム感と、どこか万物を一段高いところから見下ろすような全能感は、あまり類を見ないような気がします。

園子温監督の映画”ヒミズ”でも、”牛乳の中にいる蝿、その白黒はよくわかる”から始まる彼の詩が繰り返し使われていました。せっかくなのでそれ以外の2編を紹介しようと思います。

 腹がへっているときほどやる気の出る時はない
 敵に仕えることほど真の奉公はない
 干し草ほど美味しいものはない
 眠っている男ほど強力な見張りはいない
 残酷さほど寛大なものはない
 臆病者ほど安心できるものはいない
 否定する者ほど忠誠心に満ちたものはいない
 恋におちた男ほど良識のあるものはいない

 サウナほど出産に適したところはない
 追放された人ほど良き評判を得る者はいない
 げんこつをくらった時ほど笑える瞬間はない
 借金の覚えがないと言い張るものほど名声がたつ者はいない
 おもねる者ほど真実の愛を持つ者はいない
 不運との出会いほど幸せな出会いはない
 嘘の話ほど真実の陳述はない
 恋におちた男ほど良識のあるものはいない

 心配しながら生きることほど安らぐことはない
 くそったれと罵るほど相手を敬うやり方はない
 贋金作りほど自慢できることはない
 体中がむくんでいる男ほど健康な者はいない
 臆病な態度ほど大胆にして毅然たる態度はない
 怒り狂った男ほど良識のあるものはいない
 つっけんどんな女ほど優しい女はいない
 恋におちた男ほど良識のあるものはいない

 本当のことを言ってほしいかい

 病気の時ほど女と遊びたくなる時はない
 作り話ほど真実を告げるものはない
 騎士らしく勇敢に振る舞おうとする男ほど腰抜けな者はいない
 甘い音楽ほど不愉快な音はない
 恋におちた男ほど良識のあるものはいない

いかがでしょうか。”逆説のバラード”と呼ばれる、ほぼ全ての行が反語になっている皮肉に満ちたリズミカルな詩です。一瞬、反語ではなく字面通り受け取りつつ「確かに」と思うところがなくもない辺り、あらゆる箴言や明言が必ずしも正しいわけではない、というメッセージを感じなくもありません。全ての段の終わりが”恋におちた男ほど良識のあるものはいない”というのも洒落ています。良識は保ちたいものです。

と言ったところで、本日はこれまで。もう1編はまた来週にご紹介しようと思います。


おすすめ関連記事:


  • -profile-
  • 加藤マニ(manifilms / PILLS EMPIRE)
  • http://www.manifilms.net