→SCHOOL← – 空色ディストラクション

Posted on 2012.12.09

Category: REVIEW_DISK




バンドサウンドという原点に帰った新たなる門出の1枚。
矢野晶裕(vox & guiter & all soundtrack )に加えて名古屋時代からのサポートを務めてきた角谷正史 (drums)、河津美奈子 (keybord)がメンバーになり、バンド形態としての今作。
彼らの得意とする、ロック×エレクトロの真骨頂が色濃く感じられる。

アップチューンの「僕空の彼方」から軽快な鍵盤のメロディーが心地よく、ドラムはパワフルに鳴り響く。
タイトル曲でもある、「空色ディストラクション」では、彼らのロックな部分が強く出ている。骨太なギターサウンドが印象的な1曲。
それらとは全く異なるエレクトロ要素を強く取り入れて踊れるロックに仕上げている「マイラ」「Star Fruits」「パッパラ」も彼らの特徴の一つであり、最大の武器である。

そして、一番注目してもらいたいのがバラード曲「ボーダーライン」。矢野の書くバラードの曲はセンスを感じずにはいられない。それと同時に彼の感受性の強さにはアートを感じる。彼こそ-音楽で世界は変えられる-と心の底から信じているアーティストなのかもしれない。
「INST」では、バンドである事を強く誇示しているかのようなインスト曲。バンドに帰ってきた喜びを強く感じる1曲。耳の肥えたリスナーも納得の1曲だ。

全曲通して、ベースレスを微塵も感じさせてない骨太なサウンド。
今までの経験を決して忘れず、しかし立ち止まらぬ彼らの答えがこの1枚に詰まっているのだろう。

来年には、このアルバムを引っ提げてのツアーも発表されている。
今までの→SCHOOL←とは一味違った感情的でロックな[泣けて踊れる]ライブを披露してくれるだろう。是非、足を運んでみてほしい。

text: kyotaro hayashi


『空色ディストラクション』 / →SCHOOL←
¥1,890(TAX IN) WLR-1024 WE LOVE RECORDS
1, 僕空の彼方
2, 空色ディストラクション
3, マイラ
4, ボーダーライン
5, INST
6, Star Fruits
7, パッパラ
8, ヨーマイベイベー

→SCHOOL← 公式サイト



おすすめ関連記事: