tricot – バキューンEP

Posted on 2013.02.06

Category: REVIEW_DISK




中毒性の高い1枚なので、ご注意を。
彼女たち自身、初のEP盤。
track.1「3.14」からtricot節が炸裂している。独特のリズムと確かな技術がヒシヒシと感じられる。そこに、彼女たちのファンキーで気取らないキャラクターが何とも愉快だ。それが彼女たちの愛される所以なのかもしれない。
それと対照するように、track.3「テレキネシス」では、丁寧に詩を伝えてくる。詩にも独自の世界感が広がっている。しかし、独自の世界観ながらどこか共感してしまう部分が要所要所に出てくる。[背伸びなどしない、私は私だ。]と力強く叫んでいるように聞こえる。彼女たちの側面は、何面あるのだろう。赤く燃え上がり、青く広がり、黄色く光れば、黒に染めて、また白紙に戻す。底知れないポテンシャルを感じる1枚。
また、会場限定でアナログ盤も発売している。盤に対する意識も人一倍高い。
EPなのに、この満足感はなかなか得られない。是非、CDショップで、会場で手に取ってみて欲しい。
 
text by kyotaro hayashi


『バキューンEP』
2012/12/05 RELEASE
DQC-9021 BAKURETSU RECORDS

[DISC-1]
1.3.14
2.おもてなし
3.テレキネシス
[DISC-2](初回限定版のみ封入)
1.凛として咲く花の如く



tricot公式HP
http://tricot.tv/


おすすめ関連記事: