The Get Up Kidsがヘッドライナーを務める音楽フェスティバル、music festival “tieemo”にHUSKING BEEの出演が決定!

Posted on 2013.08.13

Category: NEWS, PICK UP EVENT


11月9日(土)、11月10日(日)の2日間、所沢航空記念公園にて開催される新たな音楽フェスティバル、music festival “tieemo”(ティーモ)にHUSKING BEEの出演が決定!
今回は、1stアルバム『GRIP』、そして2ndアルバム『PUT ON FRESH PAINT』の曲中心のセットリストでの参加を予定しているとのこと。またヘッドライナーのThe Get Up Kidsも初日は1stアルバム『Four Minute Mile』、2日目は2ndアルバム『Something to Write Home About』中心のセットリストで出演とのことで、両雄共にスペシャルな時間を届けてくれること間違い無し。
HUSKING BEEの出演日は後日発表されるとのことで、今後の続報にも期待したい。



HUSKING BEE
HUSKING BEEといえば1997年に1stアルバム『GRIP』をHi-STANDARDの横山健が立ち上げたPIZZA OF DEATH RECORDSよりリリースし、華々しく活動を開始する。
1998年には2ndアルバム『PUT ON FRESH PAINT』をリリース。この作品は海外版としてThe Get Up Kidsを輩出した名門Doghouse recordsから全米リリースされるなど、日本においてもエモの先駆者という扱いを受けている。
2005年に人気絶頂の中バンド解散を表明。解散以降、磯部正文(Vo,gt)はゲットアップキッズのマット・プライアー(Vo,gt)、SAVES THE DAYのクリス(Vo,gt)と共に「3 Way Acoustic Split」をリリースするなど様々な活動を経て、2012年ついにHUSKING BEE再結成を果たす。その後、八王子の最重要エモバンドmalegoatの岸野一(Ba,cho)をメンバーに迎えるなどして、新布陣を完成させる。
music festival “tieemo”ではHUSKING BEEが90年代後期に出した2枚のアルバム、1st『GRIP』と2nd『PUT ON FRESH PAINT』の曲中心のセットリストで臨みます。
まさにゲットアップキッズと同期の日本90’s emo代表の彼ら。あの当時の哀愁漂う数々の名曲を披露するこの機会は、絶対に見逃せない。




- music festival “tieemo” -
2013.11/9(土), 11/10(日)
埼玉所沢航空記念公園野外ステージ
open 10:30 start 11:30
ticket : 第2次オフィシャル先行販売中!

≪出演アーティスト≫
・The Get Up Kids (2days出演)
・Predawn
・BIGMAMA
・武居創(ex.OCEANLANE)
・HUSKING BEE
…and more

≪tieemo イベントコンセプト≫
様々なシーンで活躍している人々が繋がり作り出す
「瑞々しい高揚感、情熱と青春、未来への架け橋」
このようなテーマから”tieemo”の構想が始まったようだ。
“tieemo”では様々なものを紡いでいきたいという理念のもとtie(結ぶ、繋ぐ)という文字が付けられ、
そしてtieに繋げる文字にはemo(emotional / 感情的)という文字が付けられている。

現在日本では90年代emoリバイバルというムーブメントが再び起きていて、
リアルタイム世代、今の若者、両方が時代を超えて同じ感動を分かち合うという奇跡的な状況が至る所で見られている。
music festival “tieemo”にはemoリバイバルの波をさらに荒立て、他の様々なシーンと繋がっていける架け橋へとなる期待を抱かせられる。



tieemo official web site
tieemo official twitter
tieemo official facebook


おすすめ関連記事: