昭和八十八(2013)年八月二十八日、全ての永久未成年に捧ぐ、マックショウ二重の末広がり豪速球最新アルバムのリリースが決定!全国ツアーも開催!

Posted on 2013.08.22

Category: NEWS


皮ジャン、ポマード、スリー・コード。甘く切ないグッド・メロディにキレッキレの腰にくるトゥイスティン・ロックンロール。今やジャパニーズ・ロックンロールの代名詞となった、ザ・マックショウ。

昨年・昭和八十七年(2012年)、結成10周年を迎え、今年4月には節目として日本青年館にてワンマン・コンサート開催。
同時生放送を行ったUstreamでは合計視聴者数1万1000人を突破するなど、大盛況に終わった彼らだが、次のステージに向けて新たなスタートを切るべく、ロックンロール新章が始まろうとしている。

ブレない男たちによるブレないサウンドは、更にシンプルに、ストレートに削ぎ落とされ、進化し続けている。
8月28日(水)に発売される、通算10作目となる今作は、期待を裏切らない仕上がりに。
アルバムタイトル「狂騒天国」という名の通り、思わず走り出したくなるようなドライヴィン・ロックンロールから、ライヴで燃える狂騒ナンバー、グッとくるミッド・ナンバーなど唄わずにはいられない名曲たちが勢揃い。
カバー曲には、ビートルズもカバーした名曲「スリー・クール・キャッツ」、ブラック・キャッツの隠れた名曲「涙のバースディ・キャンドル」を収録。更に通常盤のみ、サンハウスの名曲カバー「ロックンロールの真最中」、セルフカバーで自身の1stアルバム収録の「恋はもうウンザリ」(88′ヴァージョン)が収録されている。まずは本日公開となった、アルバムリードトラック「狂騒天国」のオフィシャルトレイラーをご覧頂きたい。



今夏もJOIN ALIVEに出演するなど、日本をアツくさせたマックショウだが、「狂騒天国」の発売を記念した全国ツアーも開催。
そして9月23日には毎年恒例の渋谷AXで開催される、ロックンロールイベント最高峰「ロッケンロー★サミット 渋谷頂上決戦 2013」などの各方面のイベントに出演。
共演者に、ギターウルフ、THE NEATBEATS、RADIOTS、ザ50回転ズ、N’夙川BOYS、THE BOHEMIANS、Droog、爆弾ジョニーが決定している。
結成10周年を迎え、常に進化し続ける、日本のロックンロール・スター、ザ・マックショウ。
彼らの甘く切ないグッド・メロディ、踊りだしたくなるロックンロールまみれのライブを、是非生で体感して頂きたい。

今後は、長らく絶版になっていた旧作オリジナル作品、2nd「怪人二十面相」、3rd「爆発!ナナハン小僧」、4th「ブルメタ★反抗賊」、5th「フルスロットル・レッドゾーン」、6th「CANDY GOLD SUNSET」の計5タイトルが9月11日に再発される予定となっている。
昭和八十八年、マックショウの夏はまだまだ続く!


THE MACKSHOW / 「狂騒天国」
(ザ・マックショウ / キョウソウテンゴク)

発売日:昭和八十八年八月二十八日(2013年8月28日)
発売:B.A.D RECORDS UNITED/ MEDIA FACTORY, INC.
販売:MEDIA FACTORY, INC.

【初回盤(DVD付)】FAMC-109 価格¥3,000(TAX OUT)¥3,150(TAX IN)
1.狂騒天国
2.派手にやれ!(Mach Shau!)
3.目が覚めたら全部嘘
4.不思議
5.リンカーン・コンチネンタル
6.あの娘がいなくても
7.スリー・クール・キャッツ
8.今夜はオール・オア・ナッシング
9.TVスターに憧れて
10.スモーキン・ハイライト・ブギ
11.涙のバースディ・キャンドル
12.ドント・ルック・バック

●初回限定盤特別収録カラーDVD付属(19分)
昭和八十八年四月二十八日 チャレンジコンサート「ダイナマイト88′ in 日本青年館」より
グリース・ミー / ブルドッグ・ドライヴィン・ブギ/ いとしのキャンディー・ガール/ アンダー・ザ・ムーンライト/ エンディング〜今夜だけが


【通常盤(初回盤未収録音源2曲収録)】FAMC-110 価格¥2,700(TAX OUT) ¥2,835(TAX IN)
1.狂騒天国
2.派手にやれ!(Mach Shau!)
3.目が覚めたら全部嘘
4.不思議
5.リンカーン・コンチネンタル
6.あの娘がいなくても
7.スリー・クール・キャッツ
8.今夜はオール・オア・ナッシング
9.TVスターに憧れて
10.ロックンロールの真最中 ※通常盤のみ収録
11.スモーキン・ハイライト・ブギ
12.涙のバースディ・キャンドル
13.恋はもうウンザリ88′ ※通常盤のみ収録
14.ドント・ルック・バック


-BIOGRAPHY-
THE MACKSHOW:
KOZZY MACK コージーマック(Vo.Gt)
TOMMY MACK トミーマック(Ba.Vo)
BIKE BOY バイクボーイ(Dr.Vo)
共に広島市出身・THE COLTSのメンバーである岩川浩二(コージーマック/Vo,Gt)とトミー神田(トミーマック/Ba,Vo)を中心に昭和七十七年(2002年)結成。
まさに絶滅寸前・壊滅状態であった日本ロックンロール界に、覆面グループとして突如彗星のごとく現れ、全国のグッドオールド・ボーイズ~コアなロックンローラーから、ヤングなロックンロール・ファンまで震撼させる。
持ち前のトゥスティン・ビートにグッドメロディは初期ビートルズやキャロルがそうだったように、愚直なまでに正直で、どこまでもシンプル。踊れて笑えて、泣けて歌えてグっと来る、シンガロング・ロックンロール。
王道をさらに発展させた活動を精力的に進行中、昭和八十八年最新型「俺たちの」ロックンロール・バンド!


-LIVE-
「狂騒天国」発売記念 全日本狂騒コンサートツアー・ストレンジパラダイス88′「狂騒天国」

昭和八十八年八月三十一日(土)北海道・函館CLUB COCOA
昭和八十八年九月一日(日)北海道・札幌PIGSTY
昭和八十八年九月七日(土)愛知・蒲郡RockFes 2013
昭和八十八年九月八日(日)石川・金沢AZホール
昭和八十八年九月十四日(土)和歌山OLD TIME
昭和八十八年九月十五日(日)高知キャラバンサライ
昭和八十八年九月十六日(月・祝)兵庫・神戸VARIT
昭和八十八年九月二十一日(土)群馬・高崎ジャマーズ
昭和八十八年九月二十二日(日)福島・いわきclub SONIC
昭和八十八年九月二十三日(月・祝)渋谷AX「ロッケンロー★サミット2013~渋谷頂上決戦~」
昭和八十八年九月二十八日(土)熊本ジャンゴ
昭和八十八年九月二十九日(日)福岡CB
昭和八十八年十月五日(土)横浜club Lizard
昭和八十八年十月六日(日)名古屋E.L.L
昭和八十八年十月十二日(土)京都・磔磔
昭和八十八年十月十三日(日)浜松CONNY CAT’S ”昭和ロックンロール大全集プレゼンツ」
昭和八十八年十月十四日(月・祝)甲府CONVICTION
昭和八十八年十月十九(土)滋賀BLUE
昭和八十八年十月二十日(日)広島クラブクアトロ
昭和八十八年十一月三日(日)盛岡club Change
昭和八十八年十一月四日(月・祝)福島エリア559
昭和八十八年十一月九日(土)岐阜・柳ヶ瀬アンツ


ツアーの詳細、各お問合せはこちらをご覧下さい
http://bad-rec.com/pc/schedule_the_mackshow.html

THE MACKSHOW/B.A.D RECORDS UNITEDホームページ
http://bad-rec.com/pc/


おすすめ関連記事: