Collioure 4thアルバムからシングルカット&豪華Remixも収録したEPを配信リリース。

Posted on 2014.07.31

Category: NEWS




昨年リリースされた4thアルバム『Dreaming of Paradise』からのシングルカット&豪華リミックスを収録したNew EP「I Won’t Cry (Remixes)」が8/6にiTunes、Beatport、Juno Download他で配信リリースされる。

アルバム収録曲中で唯一のボーカルトラックであった「I Won’t Cry (feat. Charlie)」をシングルカット。
M-1のOriginal RetouchはCollioure自ら新たにミックスダウンを行ったニューバージョンを収録。
M-2には海外でも絶大な支持を受ける日本人クリエイターAcquariumによる爽やかなNuDisco Remixと、Yuta Suzukiによる西海岸の風景を彷彿とさせる開放的なRemix(M-3)。
そして、Sophisticate Recordingsを主宰するスペインのAlex VによるモダンでディープなRemix(M-4)を収録。
それぞれのリミキサー陣の魅力が濃密につまった素晴らしい内容になっている。

下記Soundcloudにて試聴も可能なのでまずはチェックしよう。
Reimei Music Soundcloud




Artist : Collioure feat. Charlie
Title : I Won’t Cry (Remixes)
Style : NuDisco, Deep House
Release Data : August 6, 2014

01. I Won’t Cry (Original Retouch)
02. I Won’t Cry (Acquarium Remix)
03. I Won’t Cry (Yuta Suzuki Remix)
04. I Won’t Cry (Alex V Remix)


-Collioure (コリウール)-
CollioureことNakamura Takahiroは埼玉県出身、東京を活動拠点にするミュージシャン、リミキサー、プロデューサー及びDJ。
2003 年よりCollioure 名義での活動をスタートさせ、2005 年に自身のレーベルkuh recording から1st アルバム「Colors of the Sprit」、2007 年に2ndアルバム「Truth with Elegance」、2008年に本名のNakamura Takahiro名義で「Beautiful Things」、そして2010年には3rdアルバム「Timeless
Pulse」をリリース。
いずれの作品も日本のみならず世界でも高い評価を得ている。2011年にはドイツのチルアウトレーベルIdealMusikのコンピレーションアルバムに楽曲が収録されたことを契機に一躍チルアウトシーンで注目され、翌年2012年には同じくドイツのチルアウト、ラウンジレーベルDiventa Music
監修のもと、Collioureのベストアルバムがリリース。このアルバムがヨーロッパを中心に反響を呼び、アルバム収録曲は世界中のミックスCDや
コンピレーションにライセンスされ、その数は50以上にも及び現在もその数は増え続けている。2010年以降はリミキサーとしても精力的に活動し
ており、現在までにフランス、イタリア、スペイン、ロシア、ウクライナなど世界中のレーベルやアーティストからのオファーが殺到。そのスキルと知名度は国内外問わず着実に浸透している。
2012年に自身の新たな活動拠点としてワールドワイドに展開する新レーベル「REIMEI MUSIC」を発足。レーベル第一弾である自身のシングル
「The Beginning」はスウェーデンのTunnel FM でウィークリーチャート1位をマーク。続く2ndシングル「Skywalker」はアメリカのオンライン音楽配信サービスBeatport が作成するチャート”10 MUST HEAR INDIE DANCE TRACKS”に選ばれるという快挙を達成。さらに3rd シングル「Tropical
Island Girl」は韓国のライフスタイルマガジン「F.OUND」の特典コンピレーションアルバムに収録される等、世界の注目度は依然として高い。
そして2013 年、ついにCollioure 名義での4thアルバム「Dreaming of Paradise」が完成。Deep House, NuDisco を中心としたジャンルで構成され
た最新作は、ウクライナのボーカリストCharlie the Bird を迎え制作された自身初となるボーカルトラックも収録し、新たな一面をかいま見れる意
欲作に仕上っている。


レーベルサイト
http://reimei-music.com/


おすすめ関連記事: