その7「S.O.D」 

Posted on 2014.12.08

Category: COLUMN_Shiromizu


はいはいどうも。
吉祥寺のトペ・コンヒーロ、KAGERO白水悠です。



「KAGEROⅣ」のリリースツアーも半分終わりまして、残りは年をまたいで来年再開です。

やっぱこうツアーってのは最高ですね。各地のみんなに会えるし。

ファイナルの新宿ロフト、なんかもうフェスみたいな感じでやりますんでね。
ジャンルレスでマジもんのグルーヴでノれる愛すべきスチューピッドは、ずずいと集まってちょーだいませね。


「S.O.D」

はい、早速宣伝から入りましたが、今回はこの人たち。
S.O.D。
正式名称「Stormtroopers of Death」。


いわゆるひとつの「サイドバンド」ですね。
僕にとってはサイドバンド・オブ・サイドバンズです。


母体バンドはあのアンスラックス。アンスラックス知らんアホは今すぐその握りしめてるスマホ投げ捨ててディスクユニオンに走れ。
そして店長に泣いて謝れ。


アンスラックスといえばアナタ、メタリカ、メガデス、スレイヤーと並ぶスラッシュメタル四天王のひとつですよ。

そのアンスラックスのメンバーとか元メンバーとかが遊びで始めたS.O.D。



聴いてみましょう。





はい。鬼かっけえ。



逸話も流石ですね。

21曲の盤つくるのに50時間で終わらせたとか。
ニューヨークでやったライヴ盤のタイトルが「LIVE AT BUDOKAN」だとか。
「~に捧げるバラード」ってタイトルの曲とかさ、そいつの有名な曲のイントロリフぱくって最後に「You Dead」ってScreamカマしたりだとか。

あ、これ「ジミヘンに捧ぐバラード」ね。





このドヤ顔。



音楽評論家さんから評価されるポイントはたくさんあるんです。
メタルとハードコアのクロスオーバーだとか。
ブラストビートの始祖だとか。
放送禁止用語入りまくりの歌詞だとか。



でも僕が好きなのはアレですね。

とにかくね、遊び心はんぱねぇってとこですね。



母体バンドっていろいろあるじゃないですか。
命賭けてるし。
他人の生活も預かってるし。
disられるとへこむしムカつくし。

やってる人も聴いてる人も周りの人もマジですからね。
感情がとてもとても敏感になります。
そして、そうあるべきだとも思います。
そこにあるのは「日常の闘い」ですから。


それに対してサイドバンド。
命なんて全然賭けてない!!!
他人の生活なんか知るか!!!!
ファーーーーーーーック!!!!!



マジにやる場では、己を賭して、死ぬ覚悟で追求しましょう。

抜く場では、無責任に遊びましょう。







ちょー楽しそう。

泣いてるキミも好きだけど、キミの笑顔も素敵なんだよ。

つーことで。

bye!!


おすすめ関連記事:


  • -profile-
  • 白水悠(KAGERO)
  • http://www.kagero.jp/