KIWA KIWA Best Disk 2014

Posted on 2015.01.15

Category: REVIEW_DISK




あけましておめでとうございます。
と言うには昨年同様、日数が経ってしまいましたが、2014年にリリースされた音源の中から、KIWA KIWAスタッフ選出のベスト・ディスク10枚をご紹介します。(ABC順で掲載しています。)

過去2度の本企画をご覧いただいている方はご存知かと思いますが、KIWA KIWAで紹介するのは一般的な同様の企画ではあまり取り上げられないインディー・アーティストも多数選んでいます。
所謂人気アーティストやビッグセールスのアーティストの楽曲やステージは、確かにインディー・アーティストに比べ高クオリティな場合も多いかもしれません。
但し、それはあくまでも確率の話で、必ずしもインディー・アーティストが劣っているとも思えません。
この企画は、安価なチケット代でフラリとライヴを観に行けるインディー・アーティストの中に自分の大好きなアーティストができたら、気軽に沢山ライヴにも行けるしそれって最高じゃないですか?という問いかけかもしれません。

今回もこの企画に取り組む際、やはり過去2年と同じ気持ちでしたので、去年、一昨年と同じ言葉を最後に。

この中に、みなさんも同じようにお気に入りの作品が入っていたらとても嬉しいです。
これをきっかけに新たなお気に入りの作品が見つかってくれたらもっと嬉しいです。

(KIWA KIWA 一同)



Alaska Jam – MELLA MELLA HERO
今年は初のワンマンも大成功させたAlaska Jamの2ndミニ・アルバム。前作より4人の多彩さが溢れる全6曲が収録され、MVになっている「少年と樹」やしっとりナンバー「Black Coffee」と色んな表情を見せてくれる。個々の活動もありさらにパワーアップしている彼らのサウンドに踊らされること間違いなし。(笹沼)




アナ – イメージと出来事
3年ぶりのリリースでメンバーも2人体制となってから初となる作品。先行シングルとなった疾走感ある「妙な季節」や聴いているとイメージを掻き立てる曲が詰まったアルバムです。ポップでありどこか切ないボーカル、大久保さんの歌詞も魅力的。ふとした日常を思い出す1枚。(笹沼)




Emerald – Nostalgical Parade
元PaperBagLunchboxの中野陽介を中心に2011年に結成され、昨年リリースされた初のフルアルバム。メンバー個々の高い演奏力を活かし、ジャズ、R&B、ファンク、さらにはシューゲイザーといったさまざまな音楽を軸に繊細なボーカルが重なるサウンドは、バンドアンサンブルとしての新しい方向性を感じさせる。個人的にはドラムの音がそれはそれは気持ちよすぎて、初めて聴いたときからスッと耳に入ってくる1枚。(松浦)




The fin. – Glowing Red On The Shore EP
神戸発4人組バンドのファーストEP。リアルタイムなUSインディー、チルウェイヴの要素を含んだサウンドに、こんな音楽やるバンドが日本にいたんだ!とびっくりして周りの洋楽好きにオススメしてまわったほど。「音圧バンザイ!」とはまるで正反対を行く、削ぎ落とすことこそ美しい、がピッタリの1枚。12月にはファースト・アルバム『Days With Uncertainty』もリリースされたのでそちらも併せてぜひ。(松浦)




give me wallets – Looking For The Special
YUKIの最新アルバム『FLY』からの先行シングル「誰でもロンリー」、更に同アルバムより「君はスーパーラジカル」の制作を担当し一躍その名をシーンに広めたgive me wallets。レーベルメイトであり、tofubeatsのシングル「水星 featオノマトペ大臣」へのPV出演も話題となったシンガーソングライターの仮谷せいらをフィーチャーした表題曲「Looking For The Special」を始め、アーバンとポップを21世紀的に融合させ我々の耳と足を捕まえて離さないダンスチューン満載の一枚。(musiqconcierge)




HOLIDAYS OF SEVENTEEN – new school
2人体制となってから初の音源となる5月にリリースされた6曲入りEP。とことんパワーポップ・ラヴァー(私です)のツボを心得たメロディや展開、アレンジ、そして声に圧倒されました。ホルモンズやジゴロ・アンツ辺りのUSパワーポップ直系メロディ「Tonight」が白眉でした。(八木橋)




Large House Satisfaction – Sweet Doxy
2014年もROCK IN JAPAN FESTIVAL、SWEET LOVE SHOWERを始めとする大型フェスティバルを始め数多くのイベントへ出演しリリースツアーファイナルの渋谷CLUB QUATTROワンマンも大成功させたLarge House Satisfuction。近年の充実したキャリアから作られた本作は静も動もコンパイルした超強力盤。来たるべきフル・アルバムを心待ちにすると共に、破壊力と快感を欲している方は今すぐ聴くべし。(musiqconcierge)




NACANO – GASTRONOMY
PENPALSのハヤシムネマサ・ZEPPET STOREのYANA・babamaniaのYUJINを中心に結成され80s/90sミュー ジックをバックボーンに活動するNACANOが3年半振りにリリースした3枚目のフルアルバム。「CRYSTAL」「IAN CURTIS」「BY THE WAY」など、グッとくるのは曲名のみならず全編を通しバンドと共にシンガロングしたくなる名曲ばかり。なおシーンで話題沸騰中のAwesome City Club・モリシマヒロシが共同プロデュースを、山下達郎作品で知られるエンジニア原田光晴がマスタリングをそれぞれ担当している点にも注目。(musiqconcierge)




sugar’N'spice – 東京
大阪発、現在は東京を拠点に活動を続けるガールズ・バンドsugar’N'spiceの4月に会場限定リリースされた3曲入りシングル。収録された「東京」、「Starless Sky」、「Boys & Girls」の3曲はどれも大きく毛色の異なる楽曲となっており、さながらバンドから出題された「次にシュガスパの進むべき方向性」を尋ねられる三択問題のようにさえ感じた。(八木橋)




sumika – I co Y
sumikaの初全国流通となった今作。初流通にて、全国に殴り込みをかけた1枚になっている。ある時は誰もが感じる日常を切り取り、ある時には家族を感じて、恋人を想い、時には人生という長い旅を力強く後押ししてくれる1枚。彼らの音楽、言葉に何度も引き込まれてしまう。今年、大爆発するであろう彼らの第一歩となった作品を是非感じてほしい。(林)



>>2013年のBEST DISK企画はコチラ
>>2012年のBEST DISK企画はコチラ


おすすめ関連記事: