日常を祝うシティポップ楽団「1983」のデビューアルバムが発売決定!ミュージック・ビデオ、ジャケットアートワーク、レコ発予定も公開。

Posted on 2015.04.09

Category: NEWS


oono yuuki、森は生きている、王舟などでも活動するメンバー達による日常を祝うシティポップ楽団「1983」が5月6日にデビューアルバムをリリースする。

これに先駆け、収録楽曲「Bolero」のミュージック・ビデオが公開された。



更に、ジャケットアートワークも公開となり、7月18日(土)にはレコ発の開催も発表となっている。


1983 『SUITE』
PRICE:¥2,000 + TAX ARTKT-005 (kiti-019)
2015.05.06 On sale
[TRACKLIST]
1.Saravah!
2.ジョンルウ
3.Millet 
4.Bolero 
5.Antonio
6.クロスカントリー・スノウ
7.Spring Sleep
8.パレード

Produced by 1983
Recorded at Lycka: Studio, Grand Bleu Studio, Zot, NEW GOK, Takadanobaba, Santahouse Studio, Nobbie’s Shangri-La
Recording & Mixing Engeneer 馬場友美
Mastering Engineer PADOK
Illustration by chanson sigeru

はっぴいえんど~ティン・パン・アレー~小沢健二~キリンジ~ceroなどへと脈々と受け継がれる芳醇な日本ポップスの文脈にまたひとつ新たな芽が誕生!
oono yuukiをはじめボーダレスに活動するべーシスト新間功人を中心に、東京インディー周辺から現代音楽までを横断する多彩なメンバーで結成された日常を祝うシティポップ楽団「1983」の傑作デビューアルバム。
祝祭感溢れるトランペット&フルート、エリントンを彷彿させるエレガントなピアノフレーズ、スイートな関とビターな新間のツインヴォーカルのコントラスト、ブルース~カントリー~ジャズなどのアメリカンルーツミュージックをベースとしながらも、どこでもない無国籍さと日本的歌謡エッセンスを見事に昇華した珠玉のポップス。
レコーディング/ミックスは馬場友美、マスタリングはPADOKが手掛けており、花嫁を送り出す風景を描いたアルバムのリードトラック「Millet」や、虹色のコードワークが光るシティポップ佳曲「Bolero」、サンバが持つリリシズムを現代的に解釈したパーティナンバー「ジョンルウ」など、異国の景色や生活をカラフルに切り取ったロードムービーのようなマスターピースの誕生です。
「1983」が織りなす夢の世界へようこそ!


-レコ発情報-
【1983「SUITE」発売記念 ”Celebration!”】
at吉祥寺キチム
7月18日(土)
開場19:00 / 開演19:30
前売2,500円 / 当日3,000円 ※共に1DRINKオーダー別
[出演]
1983 / 古川麦 with 関口将史(Vc)&田島華乃(Vn)

ご予約方法/詳細は後日発表いたします。
お問い合わせ kiti (info.kiti@gmail.com)


-1983 profile-
1983年生まれのベーシスト新間功人を中心に結成された、80年代生まれの6人組。
各個人の音楽史観をルーツミュージックと解釈し、日本ポップスの可能性を追求。ベーシックな4リズムに、トランペットとフルートが華を添える。
6人はそれぞれ、バンドメンバー/サポートとしてoono yuuki、森は生きている、Peno、トクマルシューゴ、王舟、シャムキャッツ、寺尾紗穂などの録音に参加している。

新間功人 Bass, Vocal
関信洋 Guitar, Vocal
谷口雄 Piano, Organ
ミズタニタカツグ Drums, Clarinet
高橋三太 Trumpet
松村拓海 Flute


おすすめ関連記事: