鳴ル銅鑼、配信限定でリリースしていた旧作『電波』が待望のCD化!ヴィレッジヴァンガードとライヴ会場限定での販売を3月12日より順次スタート!

Posted on 2016.03.04

Category: NEWS


1月20日に1stフルアルバム『極彩色(ゴクサイシキ)』をリリースし、全国17カ所に及んだリリースツアーも残すは名古屋クラブクアトロ公演のみとなった鳴ル銅鑼。
ツアーファイナルとなる同公演を目前に、配信限定でリリースした『電波』のCD化を発表した。

鳴ル銅鑼『電波』ダイジェストリンク
https://soundcloud.com/narudora/trailer

「CDにして欲しい」というファンの声に後押しされる形で実現したCD化に、Vo.の三輪は、「配信ですでに買ってくれたファンの方々には本当に感謝していますが、モノとして持つことに拘ってきた人間なので、わがままを形に出来たようでとても嬉しいです。」とコメントしている。
本作は、配信限定のアートワークとは違ったCDオリジナルとなるデザインで、すでにライヴでは定番となっている楽曲ばかりで構成された全5曲入り、鳴ル銅鑼の作品ではお馴染みになりつつあるピース・ミュージックの中村宗一郎氏がマスタリングを担当。
3月12日(土)のツアー千秋楽から会場先行で販売を開始、ヴィレッジヴァンガードでの取り扱いは、3月15日(火)からとなっている。

ヴィレッジンヴァンガードオンライン「鳴ル銅鑼」特集ページ
http://vvstore.jp/feature/detail/7087/


収録曲のミュージックビデオはこちら。





-リリース情報-

鳴ル銅鑼 /『電波』(デンパ)
2016年3月12日会場先行リリース
ヴィレッジヴァンガードでは、3月15日(火)より発売

[トラックリスト]
01.御祭騒ぎ
02.躾
03.叙情
04.夜は待ち伏せ(Remastered)
05.金津園(Remastered)

全5曲収録 1,500円(税込)
発売元:tPD records


-ライヴ情報-
3月8日(火)福井・福井CHOP

鳴ル銅鑼『極彩色』リリースツアー千秋楽 “閃鳴 ワンマン”
3月12日(土)愛知・名古屋CLUB QUATTRO
3月22日(火)奈良・奈良NEVERLAND

道玄坂異種格闘技祭”STAR-MAKER”
3月26日(土)東京・渋谷La.mama / ASIA / VUENOS / Glad

各公演、チケット、その他の情報の詳細は下記オフィシャルホームページまで
http://www.narudora.jp/



-プロフィール-
鳴ル銅鑼(ナルドラ)
三輪和也(唄/六弦)、カバ(六弦/歌)、グローバル徹(四弦)、岩っさん(太鼓)
2013年3月に結成された岐阜発4人組ロックバンド。日本語独特の響きに拘り、それを巧みに操るソングライター、三輪和也の書き上げる楽曲を、聴き手の心を揺さぶる艶やかな唄声とバンド独自の切り口で鳴らす。唯一無二と言っても過言ではないその世界観とサウンドは必聴。結成数か月後にしてZIP-FM「FIND OUT」のマンスリークローザーに抜擢されると、2014年に入り「RO69JACK 2014」で優勝、その後「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」のステージに立ち、cinema staff主催の「OOPARTS」や「MINAMI WHEEL」にも出演。2015年には、自身初となる全国流通盤1st EP「無知」をリリースすると、さらにその活動は加速、2年連続の出演となった「SAKAE SP-RING」「OOPARTS」「MINAMI WHEEL」などでまたも好演し、ライヴにおいても高い評価を獲得する。また、これまでにTHE BACK HORN、[Alexandros]、04 Limited Sazabys、感覚ピエロ、ミソッカス、0.8秒と衝撃。などとの共演も果たし、現在のライヴシーンにおいてひときわ注目を集めている。

公式サイト
http://www.narudora.jp/
公式Twitter
https://twitter.com/narudora_jp
公式FACEBOOK
https://www.facebook.com/narudora.jp
公式Youtubeリンク
https://www.youtube.com/watch?v=oUqSAY4h7WM


おすすめ関連記事: